2017年5月12日金曜日

Fishing.

ここ数年やっている釣り。

物心がついた時から、色々な釣りをして来ました。

パンプキン・サリーを開業してから十数年休んでましたが、ここ数年また始めました。

今ハマっているのは磯釣りです。疾風というクラブにも所属しています。今年から、クレラップでお馴染みの呉羽工業のシーガーという釣り糸ブランドの釣りクラブが立ち上がり、私も参加させていただいています。

磯釣り。結構敬遠する人が多い釣りです。磯釣りなだけに、磯に行かなければなりません。普段は、伊豆の城ヶ崎海岸に行ったりしていますが、10キロぐらいの荷物を担いで崖を降りたり登ったりして行っています。正直辛くてしょうがありません。中学生の時の部活のシゴキを思い出します。体力作りにはもってこいですが。おかげで腰痛がなくなりました。

クラブに入ったので、渡船にも乗れることになりました。一人ではどうしたらいいかわからなくて、乗れませんでした。

磯釣りの主なシーズンは冬。

南伊豆に5時前に着くように車を走らせます。


夜明け前に集合。こんな船で、海に浮く岩に乗せてもらいます。



こんなところです。この日は荒れ模様。船にしがみ付いていないと落ちます。



真冬の荒れた海。恐ろしいです。




こんな感じの磯が伊豆にはたくさんあります。船の先端を磯につけてエンジンフル回転で離れないようにしている間に飛び移ります。



2〜3人づつ、あちこちに下ろしていきます。



荷物の受け渡しはみんなで手伝います。なるべく短時間で済まさないと危険です。戦争です。
海が荒れてる時は、船が上下するので必死です。荷物はほぼ投げる感じになります。

この日も、船をつけている途中で大波が来て、船長がマイクで「大きいのが来たよ〜」とアナウンス。波が船を超えます。海水が船の中へ押しよ出て来ます。足がビショビショですが文句を言っても始まりません。



この日、風はビュービュー。15メートルほど吹いてます。風邪を背にしますが、なんせ直径10メートルほどの海から出た磯。反対側に波がドカンドカン来ているので、波しぶきが大雨のように降り注ぎます。海の男って感じです。一緒に行ったクラブの人はテンションが上がっています。完全に変態です。

こんなとこに来ると、大きいのが釣れたりたくさん釣れたりと可能性が高いので期待大です。磯釣りは何が釣れるかわからないのも楽しいのです。美味しいお魚もたくさんいます。

基本はメジナ狙いで、大会もたくさん開かれてますますが、この日はイサキの入れ食い。

釣れる可能性があるのは、メジナ・イサキ・カワハギ・シマアジ・カンパチ・真鯛・ワラサ・アジなどの美味しい魚。ルアーを持っていけば、ヒラスズキや青物全般。

サメが回って来ると、掛かった魚が食われます。この日も何匹か持って行かれました。

仕掛けは数万種類。繊細な釣りで、潮・季節・水温・その日のコンディションを読んで、ゴマの粒のようなオモリを付けるかどうか悩むのです。それも難しいとのことで敬遠されるのかもしれません。しかし、掛かって来る魚は、手も足も出ない大きな魚も掛かる豪快さもあります。

釣りをやらない方には退屈なブログでした。

一緒にこんな変態な釣りがしたい方がいましたら、連絡ください。

一緒に行きましょう!




Global magazine.

昨年のH.C.S.の後、アメリカのピンナップガールカメラマンのミッツィーと、オーストラリアのカメラマンのデールが取材に来てくれた事はブログでアップしました。
その後、デールからはメールで雑誌に載るよと連絡が来ていました。






オーストラリアで雑誌が発売されて間も無く、ムーン・アイズのシゲさんがいち早く「載ってるよ」と1冊送ってくれました。シゲさんいつもありがとうございます。


そして、デールから雑誌が届きました。デールのお父さんがShortyというカントリーのミュージシャンをやっていると言っていて、「今度CDを送るね」と言っていたので、約束通りCDも入っていました。Thank you Dale!!



6ページに渡って紹介してくれています。




















そして、ミッツィーから突然連絡があり、アメリカのCar Kultuer Deluxeに載せたよと連絡が来ました。

その雑誌を見た友人のアーティストのマックス・グランディーから、「ショーティー雑誌に載ってるよ。送るから住所教えて」と連絡をもらい、送ってもらいました。


4冊とステッカーも。Thank you Max!!!!









たくさんの友人や、友人の友人が友人になり、連絡をくれたり色々動いてくれて、パンプキン・サリーを知ってくれたり、こうして海外にも紹介してくれたりと、感謝です。

この取材の段取りなどをしてくれたザ・ナッシュさん、ありがとうございました。

2017年5月4日木曜日

E-Mail.

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。

このブログを見ていていただいている方で、一週間以内にメールをして、返信がない方がいらっしゃいましたら、再送信をお願いいたします。

いくつかのメールが、行方不明になってしまっていますので、お問い合わせいただいた方がいらっしゃいましたら、ご面倒ですがもう一度メールいただけますようよろしく
お願いいたします。

PUMPKIN SALLY  佐藤

2017年5月1日月曜日

I was sold for Chevy.




委託でお話をいただいていたマリブの嫁ぎ先が先日決まりました。ありがとうございました。





オリジナルコンディションの走るモデルAロードスターはまだあります。
この状態からカスタムして行くのはいかがでしょうか?乗りながらだんだん変わって行く車を体感できます。贅沢な遊びです。





1965リビエラは、お手頃価格で提供できます。お問い合わせお待ちしています。




もう一台の1965リビエラも、お手頃価格ですので、お問い合わせお待ちしています。

TEL 0465-46-8019
or
pumpkin@cameo.plala.or.jp


Mac.

私はApple愛好者です。

iPhone, iPad,MacbookPro,iMacを使っています。

当然ながら、全てApple製品を使っていると、何かと便利です。書類や写真、音楽、動画、その他諸々共有できたり、アプリも共通。

それもそうですが、デザインや質感はバツグンです。

パソコンやスマートフォンの新製品や機能でドキドキできるのは、Appleだけだと私は思っています。

私のMacbookProは、2011 Midモデル。PCとしては絶望的な古さです。本当は5年毎に買い替える予定でしたが、まだ良いかな?高いし…

ズルズルと使ってしまっていたら、やはりだんだん調子が悪くなって来ました。

家電じゃないんだから、やはり早めに買い換えないとダメですね。

クラッシュして、データーを取り出してもらうのに何万円も出したくはありません。


余談ですが、Macを使っていると不便な事もあります。金融機関や公共機関はWindowsが主流。どうしても対応できない事もあるので、私はMacBookProにWindowsも入れていて、必要な時にWindowsを立ち上げて対応しています。




普通のWindowsをインストールすれば、Windowsのソフトも使えて便利です。

話は戻り、調子の悪くなってきたMacbookPro。買い換えようかと思ったら、同じ15インチの一番安いので¥198,800。

色々検索していると、私のモデルはハードディスクをSSDに入れ替えると驚くほど早くなるそう。金額も3万円弱で出来るらしい。やり方もそれほど難しくはなさそう。

今のモデルは光学ドライブ(DVDやCDを入れる機能)が無いので、外付けを買わないといけない。光学ドライブがついている今のモデルが気に入っているので、トライしてみることに。

結果は大成功!ちょっと苦労もしましたが、サクサク動いてくれます。電源を入れてからの立ち上がりも、信じられないほど早くなりました、Windowsを入れているので、そのまま全て移行するのには少し苦労しましたが、3万円弱で生まれ変わりました。



しばらくすると、今度はiMacが不調。仕事はiMacがメインなので、これは非常に問題。

新品はやはり¥178,800。





迷わずSSDに交換。




2,5000円ほどで交換できました。サクサクです!




そして、AppleWatchもAppleローンで購入。月々4000円。今まで興味なかったのですが、シリーズ2になってから50メートル防水機能がついたので、私のライフワークに合いそう。
何より、海外に行った時に時計が自動で現地の時間になってくれるので嬉しいです。今まで、NIXONのデジタルを使っていましたが、海外に行くたびに時計を合わせるのに四苦八苦。どのボタンをどんなふうに押したら良いか忘れてます。

シリコン?製のカバーが売っていたので、仕事中にも使えます。車も時計も傷めません。

一人で車移動の時は、時計で電話もできます。

その他、色々な機能やアプリもかなり便利で気に入りました。

高級時計には全く興味がないので、機能が気に入った方が私には合っています。

では!

2017年4月29日土曜日

10th Pumpkin Sally Open House!!

なんと今年で10回目となったオープン・ハウス。

ザ・ナッシュさんの発案から始まった、世界で唯一のロッド&カスタム試乗会のあるオープン・ハウス。今年も、ザ・ナッシュさんにご協力いただき、開催することになりました。

今年は5月3日です。

フライヤーのデザインは、CYNARさんが描いてくれました。ありがとうございました!


引っ越してから2回目となりますが、相変わらず駐車場がありません。

公共機関をご利用になってご来場ください。

JR二宮駅南口・JR国府津駅どちらからでもバスで来れます。比奈窪行きに乗り、下小竹で下車徒歩2分です。

昨年は引っ越しのため新作がありませんが、オーナー様のご協力で以下の2台が試乗車としてご試乗できます。ドライバーはオーナー様になりますので、同乗での試乗です。









そして、パンプキン・サリーからは1930フォードロードスターが試乗車として試乗していただきます。

オリジナルコンディションのモデルA。乗ったことのない人が多いはずです。

そしてピンストライパーは、10周年という事もあり、ビックなゲストが来てくれます。


MOONEYESさんから、ワイルドマン・石井さんが来てくれます。





K.K.PROからは、マコトさんが来てくれます。




K.K.PROから、CYNARさん。




飲食はおなじみのグッゲンハイム・マフィアさんが、美味しいバーガーを。

その他の出店は。

MOONEYES




トニクロ




デトロイト・ジャンク


皆様のご来場をお待ちしています!



2017年4月28日金曜日

Factory of the spring 2017.

やっと暖かくなって来ました。

ファクトリーは稼働しています。


カスタム中のF-100も大詰め。




日本では見られないカスタム。バンパースワップです。どう仕上がるか楽しみです。




長く預かっているモデルTも、配線し終えエンジン始動。
調子わるいです…一応、エンジンはそのままでいいということでしたが、キャブが怪しい。もう走れるはずたったんですが。




キャブを開けるとひどい事になってます。オーバーホールキットを注文して、オーバーホールしようと思ったのですが、加速ポンプが合いません…どうにか探さなければ。
なかなか部品が見つからないので、何かで流用できないか探します。探し物ばかりの日々です。




さて、こちらは昨年ほぼ完成していたF-100Ex。お客さんとホイルの打ち合わせをして、またまた探し物の日々。サイズやデザイン、PCDの合うものをひたすら探しました。ホワイトレターのタイヤも同時に探さないといけません。アダプターも一時期考えましたが、あまりお勧めできないとお客さんに伝え、15インチのこのホイルに決定。ホイルとタイヤが届いたので組み付け。ギリギリなのでドキドキでしたが、ばっちり収まりました。

オープン・ハウスが近く、工場を空けたかったので、お客さんには申し訳ありませんが、見てもらうのを待たずに内装屋さんに搬送。




いい感じに走ります。
新品のキャブレターが良くないですが…

最近エーデルブロックの新品キャブレター良くないですね。一つはフロート室からガソリン漏れ。ポートの何処かの加工が悪そうです。使い物にならず部品取りです。

オルタネーターも一つダメでした。

しょうがない、こんな事もあるさと自分に言い聞かせます。

今までいくら損したか考えると、まともじゃ要られません。

しかし、車自体は調子いいので、その良い方のことを考えて頑張ります。












こちらのF-100も、配線が終わり仕上げ段階。

早急に車検を取らないと。

部品待ちが痛かったです。

あと2点ほど追加で本国注文。

早く届いて〜!

こんな2017年、春のファクトリーです。